脊柱管狭窄症における症例について。施術内容・施術回数・施術頻度など、これまでの実例の経過を報告しています。

ご予約 
お問合せ
055-968-3155
定休日 日曜・祝日   施療受付 9:00~19:00
  1. 年英堂治療院
  2. 遠絡療法
  3. 症例報告
  4. 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症」の症例について

「脊柱管狭窄症」
~左足外側のしびれと張り感~

山田さん 長泉町 66才女性

この症例の評価日
この症例の施術を開始した日
評価日までに要した施術期間・回数
施術期間 約2年 ・ 施術回数 52回
初診時における症状・病歴などについて
左大腿部外側と下腿部外側にしびれと張り感があり、仕事で動いていると痛みが強くなってくる。少し歩くと動けなくなる間欠性跛行もある。脊柱管狭窄症と整形外科で診断され、手術を勧めらる。
その他として、両側の肩こり。高コレステロール、高血糖、脂肪肝。
遠絡療法における見立てと処方
遠絡療法では、股関節を含む下肢の痛みは、脊髄の障害。体幹、四肢のしびれは脊髄神経が遮断していることが原因と考えている。
大退部の外側及び、下腿部の外側の痛みは腰椎4番~5番(L4~L5)の脊髄の神経線維の障害、同じくしびれは腰椎4番~5番(L4~L5)から出ている脊髄神経の遮断と考えた。
遠絡療法の処方箋 [施術内容]
<遠絡療法の処方式>
To/2d+c+a+L2~S1
rAxⅢ/bc+c+a+L4~5/ bc+c+a+L4~5
lAyⅢ/bc+c+a+L4~5/ bc+c+a+L4~5
lAxⅢ/bc+c+a+L4~5/ bc+c+a+L4~5
施術経過とその後の見通しについて
最初の2週間は週2回、その後は週1回のペースで施術し、3カ月約15回程度で、痛みや間欠性跛行が出なくなってくる。 その後は月に2回のペースで施術し、1年数カ月が経過したが症状の再発は出ていない。
現在は、本人も全く気にならなくなってきているが、再発が怖いので月に1回は予防のために通院を継続している。
鍼灸・遠絡療法 年英堂治療院 鍼灸・遠絡療法 年英堂治療院 JR原駅より徒歩3分 駐車場完備 土曜日営業 当日予約OK! JR原駅より徒歩3分 駐車場完備 土曜日営業 当日予約OK!
ご予約・お問合せ055-968-3155 定休日 日曜・祝日 施療受付 9:00~19:00 年英堂治療院スタッフ写真
年英堂治療院 ご予約・お問合せ055-968-3155 JR原駅より徒歩3分 定休日 日曜・祝日 施療受付 9:00~19:00

DOCUMENTS