手術をした後から起こった左腹部から背中の激しい痛み。「神経障害性疼痛」における症例について。施術内容・施術回数・施術頻度など、これまでの実例の経過を報告しています。

ご予約 
お問合せ
055-968-3155
定休日 日曜・祝日   施療受付 9:00~19:00
  1. 年英堂治療院
  2. 遠絡療法
  3. 症例報告
  4. 神経障害性疼痛

神経障害性疼痛」の症例について

「神経障害性疼痛」
~左腹部から背中の激しい痛み~

伊藤さん 榛原郡 37才男性

この症例の評価日
この症例の施術を開始した日
評価日までに要した施術期間・回数
施術期間 約1ヶ月2週間 ・ 施術回数 9回
初診時における症状・病歴などについて
2018年2月23日、マイコプラズマ肺炎がきっかけで見つかった嚢胞を、呼吸器外科にて摘出手術を行なう。嚢胞自体は良性であった。
3月27日頃から左腹部から背中にかけての違和感が気になりだし、まもなく火傷のような激しい痛みが発生した。
4月2日、病院で鎮痛薬リリカを処方される。服用するが、痛みに変化はなく、その後も灼熱痛で触れないほどの痛みが続く。
その後、麻酔科で硬膜外ブロックの注射を試みると、注射直後は痛みが消失する。しかし、時間の経過で前より痛みが強くなるように感じる。
4月10日、インターネットを通じ、遠絡療法を知ったことで来院する。
遠絡療法における見立てと処方
遠絡療法では「触れられない痛み」「電撃痛」「灼熱痛」を「神経線維破壊症候群」としてタイプ別に分類している。伊藤さんの「神経障害性疼痛」はこの「神経線維破壊症候群」であると考えられ、左腹部から背中にかけての痛みの箇所に応じた処方を行なう。
「神経線維破壊症候群」は神経線維が破壊され、表在感覚である温度覚・痛覚が亢進し、触覚と圧迫覚が低下している病態を伴う症候群で、運動神経は異常なしとされている。
遠絡療法の処方箋 [施術内容]
<遠絡療法の処方式>
督脈の障害されたレベル To/T8~L4
両側のAxⅢ//6/3!
左AyⅢ、AxⅡ、AyⅡ、AxⅠ、AyⅠ//6/3!
施術経過とその後の見通しについて
最初の2週間は週に2回、その後は週に1回の頻度で施術を行った。本来はもう少し頻度を詰めた方が効果的と思われたが、通院に往復4時間程かかるという負担を考え、通える頻度での施術を行なった。
最初の数回は施術による変化はあるものの、改善したという自覚症状は乏しかったが、 施術をする度に改善を自覚できるようになる。9回目を迎える前に、ここまでの状態についての「本人の体験談」を記入して頂いたため、現時点までの経過を報告することにした。
現時点において、日常において依然として強い痛みはあるものの、痛みの範囲が狭くなり、改善を実感している。また、施術後においては、痛みの改善がかなり良く、体が楽になるという報告を受けている。
「神経線維破壊症候群」は、神経線維が再生していく必要があり、今後として、今しばらくの時間を要すことが予想される。個人差はあるが、「神経線維破壊症候群」が改善するには最低でも数ヶ月、人によっては数年かかることもある。しかし、施術をすることで、痛みの程度や範囲は縮小することができているため、日常への復帰も間近だと思われる。
本人の体験談
〈喜びの声より〉
「神経障害性疼痛」で遠絡療法を受療した感想文
鍼灸・遠絡療法 年英堂治療院 鍼灸・遠絡療法 年英堂治療院 JR原駅より徒歩3分 駐車場完備 土曜日営業 当日予約OK! JR原駅より徒歩3分 駐車場完備 土曜日営業 当日予約OK!
ご予約・お問合せ055-968-3155 定休日 日曜・祝日 施療受付 9:00~19:00 年英堂治療院スタッフ写真
年英堂治療院 ご予約・お問合せ055-968-3155 JR原駅より徒歩3分 定休日 日曜・祝日 施療受付 9:00~19:00

DOCUMENTS