大人になって再発したアトピー性皮膚炎における症例報告。治療内容・治療回数・治療頻度など、これまでの経過を報告していきます。

ご予約 
お問合せ
055-968-3155
定休日 日曜・祝日   施療受付 9:00~19:00
  1. 年英堂治療院
  2. 遠絡療法
  3. 症例報告
  4. アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の症例報告

「アトピー性皮膚炎」
~大人になって再発したアトピー性皮膚炎~

H.Oさん 三島市 42才女性

この症例の評価日
この症例の施術を開始した日
評価日までに要した施術期間・回数
施術期間 約8ヶ月1週間 ・ 施術回数 21回
初診時における症状・病歴などについて
生後すぐからアトピー性皮膚炎になり、皮膚科でステロイド薬を処方されながらすごす。子供の頃は中耳炎になりやすく、扁桃腺も頻繁に腫れていた。15歳頃には、皮膚の症状が一旦は改善し小康状態になる。20歳頃から偏頭痛、25歳頃から肩こりが慢性的に出現する。28歳頃にぎっくり腰(以後2回)、38歳に検診で子宮筋腫が発覚する。3年ほど前の39歳からアトピー性皮膚炎が再発し、皮膚科や整体に通うようになるが、症状はひどくなる一方であった。
アトピーの発症部位は首~胸、両肘窩~手掌、背中、肋骨下、腹部など。
汗は全くかかず、乾燥肌、色白。ふくよかな体型、冷えなどはない。
遠絡療法における見立てと処方
遠絡療法ではアトピー性皮膚炎は視床下部・脳下垂体の蓄積症状であると捉えている。H.Oさんの場合は、生後すぐに症状が現れていることから、母体からのホルモンの影響があったか、出生時にアトラス(第一頚椎)への衝撃があったかのどちらかが考えられる。この場合どちらにせよ、アトラス辺りの左右両側の内頚静脈の通過障害が根本原因であると考えられるため、それに応じた処方を行なう。
遠絡療法の処方箋 [治療内容]
<遠絡療法の処方式>
To/2d+c+a+L2~S1(督脈の障害されたレベル)
rAxⅢ/bc+c+a/bc+c+a(右足陰経後ラインの障害されたレベル)
lAyⅢ/bc+c+a/bc+c+a(左足陽経後ラインの障害されたレベル)
lAxⅢ/bc+c+a/bc+c+a(左足陰経後ラインの障害されたレベル)
施術経過とその後の見通しについて
最初の3ヶ月は週に1回の施術を行なう。4~5回目の施術から急速に皮膚の状態に変化がみられる。動いても全く汗をかかなかったのがその頃からウォーキングで汗をかけるようになる。3ヶ月の時点でかなりの改善がみられ、それからは2週間に1回と施術の間隔を拡げる。6ヶ月の時点で皮膚炎はほぼ改善する。その後、月に2回の施術を継続しているが再発もなく状態も安定している。
個人差はあるがアトピー症状が改善したからとすぐに施術を中止すると、再発してしまうこともある。そのため、改善後から1年程度は月に1~2回程度の施術を継続することが望ましい。
本人の体験談
〈喜びの声より〉
「アトピー性皮膚炎」で遠絡療法を受療した感想
年英堂治療院 年英堂治療院 JR原駅より徒歩3分 駐車場完備 土曜日営業 当日予約OK! JR原駅より徒歩3分 駐車場完備 土曜日営業 当日予約OK!
ご予約・お問合せ055-968-3155 定休日 日曜・祝日 施療受付 9:00~19:00 当院のスタッフ写真
年英堂治療院 ご予約・お問合せ055-968-3155 JR原駅より徒歩3分 定休日 日曜・祝日 施療受付 9:00~19:00

DOCUMENTS